妊娠線ができる原因と対策

 

多くの妊娠した女性が悩まされる妊娠線。

妊娠するということは非常に素晴らしいことですが、できれば妊娠線はできて欲しくないものですよね?

 

ここでは妊娠線ができる原因とその対策について説明しています。

 

 

妊娠線ができてしまう原因とは?

 

ベルタマザークリーム 効果

 

妊娠するということは胎児がお母さんの体の中に存在することです。

胎児は月日をおうごとに、成長していきます。

胎児が成長することで、お母さんの体重も当然ながら増えていきます。

 

凄い人だと1ヶ月で2キロずつ体重が増えていくという人もいるほどです。

そうなんです。この急激な体重増加が妊娠線の原因なんです。

 

急激な体重増加でお母さんのお腹が伸びていきます。

でもお腹の皮膚は非常に伸びにくいんです。

 

伸びにくい皮膚が急激な体重増加に伴い、伸びてしまう。

それによって、皮膚が割れてしまい、断裂がおこりみみずばれのようになってしまう。

これが妊娠線なんです。

 

妊娠線は1本だけ線ができる人も、いれば複数の線が入るという人もいます。

これには個人差があるようです。

 

 

妊娠線の対策は?

ベルタマザークリーム 効果

 

このように多くの妊娠した女性を悩ます妊娠線。

ではどのように対策したらいいいのでしょうか?

 

妊娠線は乾燥することにより、よりひどくなると言われています。

乾燥すると皮膚の伸びが悪くなってしまい、より割れがひどくなってしまうんですね。

 

 

妊娠線を防ぐには保湿がポイントになるんです。

保湿することで皮膚の乾燥を防止し、皮膚の伸びを柔軟にすることがとても大切なんです。

 

保湿クリーム等を使うのもいいのですが、より効果的なのは妊娠線対策クリームです。

 

というのも妊娠線クリームが優れているのは、

クリームが皮膚の奥までしっかりと浸透するからなんです。

 

ですから妊娠線クリームを選ぶときは、浸透力のあるクリームを使い真皮まで保湿できるようなものを選択するのがとても有効です。

 

妊娠線は特に冬にひどくなります。

これからの季節、しっかりとした保湿が妊娠線を防ぐにはとても重要ですよ。